身長を伸ばすには成長期こそ慎重になるべし!

身長を伸ばすには成長期こそ慎重になるべし!

身長を伸ばすためには背の高い父と母を持て。それは確かに一つの真実かもしれません。
遺伝子がすべてを決めてしまっているかもしれません。
それは周りを見れば確かに明らかです。

 

ですが、今できる努力によっても身長を伸ばすことができるというのも、パンドラの箱に最後に残ったもの、そう期待なのです!
実は、身長を伸ばすために、今できる有効な3つのことがあります。

 

まず一つ目、それは寝ること!!とはいえただ闇雲に寝てればいいというわけではないのが、成長期の子供の実情です。
だから、どのくらい睡眠を取ったかではなく、いつ睡眠を取ったかに注目してください。
もっとも身長を伸ばすのに有効な時間帯というものがあり、それは真夜中から2時あたりの時間帯とされています。
この時間に寝ていると、身長を伸ばすのに必要な成長ホルモンの恩恵を最もよく受けられます。
大体の子供は両親が寝静まるこの時間になにかしようと企んでいますので、早起きをさせて、日中疲れさせて、夜は早めに寝かしつけることを徹底しましょう。

 

2つ目に大切なことは、運動することです。
成長期の運動は骨や筋肉を刺激します。
簡単に言えば、運動して筋肉や骨に、「この程度の量や質では、毎日を乗り切れないぞ」と思わせることで、それらの成長を促すという感じですね。
あまりに負荷が高すぎると故障の原因にもつながりますので、適度に運動をすることを心がけましょう。
またよく運動することで、夜早く眠くなることにもつながりますので、1つ目との相乗効果も期待できますね。

 

さてそして最後は、食事をしっかりすることです!成長期には一気に成長するわけですから、その成長に必要な栄養が足りていなければ、成長することができません。
バランスの取れた食事というのはそういう意味で大事なわけです。
昔成長期にひたすらに牛乳を飲み続け、救急車で運ばれた友達がいました。
彼の論理は「子牛はお母さん牛の牛乳で育つだろ。なら、人だって牛乳だけ飲んでりゃ育てるっていうことだろ」でした。
こんなふうにならないようにして下さいね(のちに彼は東大に合格)。

 

以上まとめると、成長期に身長を伸ばすなら、早めの睡眠、適度な運動とバランスのとれた栄養摂取が必要です。
特に栄養に関しては現代は子供用サプリメントが出ていますので、それで不足分を補っていけば安心です。
身長が高ければ色々な点で有利になりますから、できるだけの努力をしておきたいですね。