アスミールとセノビック、理由を聞けば絶対こっちを買いますよ!!

アスミールとセノビック、理由を聞けば絶対こっちを買いますよ!!

アスミールとセノビックはどちらも子供用の健康食品です。

 

大人向きの商品ばかり探していると、特に日常で意識はされないかもしれませんが、子供向けの健康食品を探すと、こんなにあるのかーって思うはずです。
いざ検索してみるとわんさか出てきます。
中学受験生向けの雑誌に子供用栄養ドリンクとかが載っていて驚きました。

 

さて、このアスミールもセノビックも、どちらも同じような目的の商品ですので、一体どっちを買えばいいのかと悩まれる方も多いかと思います。
今回はこの2つの商品を比較検討してみたいと思います。

 

実は私自身、この2つの商品のどちらを買おうか悩んでいた時期があります。
その私がついにたどり着いた結論を書きますと、「アスミールの方が絶対に楽です。」ということです。
なぜそのように申し上げるかというと、絶対的に優れているところがあるからですね。

 

まず、歴史的にみますと、セノビックよりもアスミールは後に発売されていますので、いわゆる後発商品です。
後発商品というのは、基本的に前に出ている商品をしっかりと分析し、その弱点部分を補って、しかもそれで勝算があるからこそ商品化しているわけですから、その時点でもう、なんらかの優れているところがあるのは明らかです。

 

その一つは、今子供の成長に必要だとされているアルギニンを独自のバランスで含んでいるところにあります。
カルシウムが自分の時代は主流でしたが、今は圧倒的にアルギニンを挙げる販売会社の方が多い印象ですね。

 

しかし自分のお気に入りのポイントはそこではありません。実はアスミールの一日の摂取タイミングが1回であること!そこにつきます。
これは実際に使ってみて特に顕著にわかってくることでした。

 

最初は自分もアルギニンの比率に注目してアスミールを買ったクチですが、実際に子供に飲ませる際に、朝に一度飲ませることだけで済むのが、継続を必要とするこういった栄養食品の効果を最大限に引き出せる唯一の方法だということに気づかされました。
セノビックの場合は、使用回数が実は一日2回です。これでは、自分が会社から遅く帰ってしまうときや、もしくは子供自身が忘れっぽい子たちですから、しっかり取るようにいくらいっても聞かず、きっと私の監督不行き届きになってしまうだろうと思います。

 

アスミールもセノビックも牛乳にその粉末を溶かすわけですから、気楽に持ち運べるものでもありませんので、もし、どちらがいいかに決め手を欠いている方は、アスミールを選ばれることを強くおススメします。