「アスミールが溶けなくてダマになる!」という情報に騙されないで!

「アスミールが溶けなくてダマになる!」という情報に騙されないで!

…誰がうまいこと言えと?

 

こんにちは、管理人です。今回もアスミールについてがんがん書いていきますね(とはいえ、別に家族がアスミール関係の仕事についているわけでもないですし、私も回し者ではありません)。

 

さて、アスミールの口コミを調べてみると、購入者に限ったものだけをみてみても、味がうまいというようなコメントがちらほら見受けられますし、まぁ私に言わせれば、飲みやすいということですね。くどい味ではないです。

 

ただ、他に見ていて「溶けない・ダマになる」などの意見があったので、今回はそれについて書いていきます。
この意見に関しては公式サイト内の口コミにも載せられていましたので、やはり起こりうるのでしょう。
まぁ、プロテインを毎日飲み続けている私はサイクロンシェイカーなど持っていますので、そんなこと問題にさえなりませんがね。

 

私の姉の子供にもアスミールは紹介して飲んでもらっているのですが、特に溶けないと感じたことはないそうです。
プロテインの観点で、溶けないと感じるときはどういうときか分析すると、牛乳の温度が極めて低いとき、先に粉末をシェイカーに入れて、その上から牛乳をかけたとき、牛乳と粉末の比率が合っていないとき(多くても少なくてもダメです)がパッと挙がります。
もし、ダマが気になる方がいらっしゃったら、サイクロンシェイカーを使ってくれればすべて解決しますよ。
でもそれを洗うのは幾分かめんどいので、結局はどこに重点を置くかですね。
溶けないっていってもきっとシェイカーの底に粉末がこびりついている程度のものかもしれません。
これはさらに最後水を加えてかき混ぜ棒などでかき混ぜればいいですし、自分はそんなもん誤差だと思って捨ててしまいますけどね。
細かいことを気にしないのも続ける秘訣だとは思うんです。

 

それよりも注目してほしいのは、そのお味!!

 

あ、でも溶けないという口コミを寄せる方も、「それだからアスミールはもうやめます」などと言っていないのが面白いところで、「味は好きです!」なんて書いてあるんですね。
もちろん、そこらの清涼飲料水とかに比べて、それよりもうまいなんてことはありませんが、栄養食品なのに、味も普通においしいから意外です的なものだと捉えてください。
でもこの微妙なおいしさこそ、飽きがこないという点で素晴らしいと、自分は思っています。

 

米がなぜ主食なのか考えてください。
飽きないからです!!!

 

といったわけで、アスミール、おススメです。